ウクレレトップ

 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 

著作権の都合上、Jポップ等をデモ演奏できません(Jポップならもっと簡単に演奏できるのですが)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウクレレで、LOHASな生活を満喫しましょう!

ご覧いただきまして誠に有難うございます。 
アラウンド50の はらつよし です。

2009年の暮、ソロギター・簡単アレンジ技法をついにリリースするに至りました。 制作に苦労した甲斐があり、全国の悩めるソロギタリストからお礼の言葉をたくさんいただいております。

スキルの共有を喜びとする私としましては、これは誠に嬉しいかぎりです。 

 

で、ついでと言っては何ですが
「ウクレレ・ソロ」の演奏技法を今回新たにリリースすることにしました。

 

「ウクレレ・ソロ」は今や「ソロ・ギター」の人気を上回るほどになっていますが、その理由はやはり何と言っても「手軽にできる」ということだと思います。

ウクレレのある生活...とってもLOHASでオシャレです。 あなたも今日からジェイク・シマブクロになってみませんか。


 

 

ダイジェスト版(メルマガ全8回)を無料配信中!

下記フォームでお名前とメールアドレスを登録ください。

 お名前(姓)
 お名前(名)
 メールアドレス

 

 

皆様からいただく、よくある質問

質問:私はウクレレをまったく弾いたことがありません。 そんな私でもウクレレのソロ演奏ができるでしょうか。

お答:ウクレレは弦が4本しかない上に、とってもコンパクトです。 なので、ギターを挫折してしまった方でも簡単に弾けてしまいます。 このEブックの技法はメロディーだけをポロンポロンとつま弾くことが基本ですので、初心者でも無理なくできるようになります。

 

質問:本屋さんやインターネット上では、ウクレレに関する書籍やTAB譜集がいくつもありますが、それらとこの教材の違いは何でしょうか。

お答:書店にある本やインターネットのサイトではウクレレの基本的な知識や演奏方法を学ぶことができます。 しかしながら、自分の好きな楽曲を好きなようにアレンジして、ソロの演奏(ウクレレの独奏)をする方法などは書いてありません。 このEブックでは、その技法をメインに紹介しています。 自分が持っているスキルで、自由に演奏していただくための方法です。

 

質問:私は本格的にウクレレソロのアレンジをやってみたいのですが、この教材は役に立つでしょうか。

お答:この教材で目指すのは「とりあえず人前で演奏できるレベル」です。つまり、てっとりばやくアレンジしてウクレレソロを楽しみたいという方を主な対象としております。ですので本格的にアレンジをやりたいのであれば、専門学校に行くしかないと思います。 ただ、本教材には他では聞けないような話が多くあると自負しております。

 

 

 

購入者の声

購入者1

私がウクレレに興味を持ったきっかけは、牧伸二さんのウクレレ漫談です(笑)。 だから弾けるのはGとCとD7の3コードだけで、ほとんど初心者レベルでした。

はらさんのウクレレ教材をネットで目にしたときには、正直とても自分には無理だろうと思っていたんですが、個人的なサポートが付いてこの価格は安かったので買ってみました。

まったく音楽理論など知りませんでしたが、とてもシンプルにまとめてあるので違和感はなかったですね。なんだか自分でもできそうな気になってきて、ブルーハワイなどをカッコ良く弾けるようにと練習に熱が入ります。

 

購入者2

リコーダーやハーモニカなど単音の楽器では耳コピーで好きな曲を演奏して楽しんでいましたが、ウクレレは譜面なしではどうにもならず、演奏できる曲が 市販のTAB譜があるものに限られてしまうことに不満がありました。

自分で好きな曲をアレンジしてソロが弾けるようになりたいと思っていたところ、この教材を見つけました。思ったとおり、その内容には大満足です。

あとは綺麗な音を出したり表情豊かに演奏するのが一番難しいと感じていますが、繰り返し練習しているとだんだんスムーズに弾けるようになるものですね。

ほんとにいい教材に出会えて、ウクレレがますます楽しくなってきました。

 

購入者3

何か時間をつぶす趣味が欲しかったので、手軽に買えるウクレレを始めました。最初は市販のTAB譜を練習して、あんまり難しくなければ弾けるようになりました。

ただ、弾ける曲には限りがありますので市販のものだけでは物足りなさを感じていました。

この教材の方法であれば、自由になんにでもチャレンジできるのがいいです。TAB譜があるとそれと同じように弾けないとストレスが溜まりますが、今はとてもスッキリした気分でウクレレを弾いています。

 

購入者4

 数年前にウクレレに興味を持ち何冊ものハウツー本を買ってみたものの...ほとんど弾けずじまい。好きな曲がそれらの本に載ってない為に飽きてしまったのだと思います。そのまま私のウクレレはずっと眠ったままでした。

 この教材はとても丁寧に書かれており、確かに市販のハウツー本には書かれてない事が沢山盛り込まれていますね。とても読みやすく、イラストあってイメージを作りやすいです。初級者の立場をよく理解されているようにも感じられ、かつ正しい理論に基づいていて素晴らしいと感じました。

 実は私も人にものを教える立場なのですが、これ程のものを書ける自信は在りません。きっともの凄い動力を必要とされたのではないでしょうか。

 

ジェイクのようにウクレレを弾いてみたい

ウクレレって一昔前までは、おもちゃの楽器という印象がありました。 ちゃんとした演奏などできない、ちょっとした余興でしか使えないというような。

 

しかし、一人の天才ウクレレ奏者がその概念を打ち破りました。 彼の名はジェイク・シマブクロ、ハワイの若者です。

 

 

           ウクレレでこんなすばらしい演奏ができるのか

 

 

それからというもの、日本におけるウクレレのステータスは格段に高まりました。 誰もがジェイクのようにウクレレを弾いてみたいと思ったのです。

 

大手出版社はさっそくTAB譜集を発売し、かなりの数が売れたことでしょう。 しかしながら、それらの楽譜を買って実際に演奏を楽しむことができたのは一部の上級者だけです。

 

そもそもウクレレは庶民の楽器だったはず。 それが庶民から遠い存在になってしまってはいけないと私は思いました。 

 

ジェイクのようには弾けないまでも、自分の大好きな楽曲を自由に楽しく弾けないものか。

 

 

ダイジェスト版(メルマガ全8回)を無料配信中!

下記フォームでお名前とメールアドレスを登録ください。

 お名前(姓)
 お名前(名)
 メールアドレス

 

 

ウクレレなら、アレンジも演奏もすごく簡単!

ウクレレという楽器は大衆楽器です。 ギターもそうですが、ウクレレは特にそうです。 たった数千円で売っているのですから。

本場のハワイではテナーとかコンサートとかいったタイプのウクレレが主流ですが、これらは数万円もするので高額です。

日本人に馴染みのあるのはソプラノ・ウクレレであり、これなら安いので3000円であります。

 

そんな安いのでいいの? そう思われるでしょうが、ぜんぜんOKです。 最近のものは、とてもしっかりした作りで音程も実に安定しています。

 

ソプラノ・ウクレレはボディが小さく12フレットまでしかないので、高度なソロ演奏はできないと一般的には言われています。

 

でも、そんなことはありません。 私が上でデモ演奏したのは、このソプラノ・ウクレレです。 

音域を絞ったアレンジをしてあげればいいだけのことです。

 

そしてこのEブックの方法なら、気軽にソロ演奏を楽しむことができるでしょう。

楽譜やTAB譜など、見る必要もありません。

 

ソロギター簡単アレンジ技法

       ■PDF 本編56ページ  代金決済後、PCのダウンロードにてご覧になれます。
         (注)上の画像はイメージです。

 

価格

 

                                   ※BitCashもございます。

 

 

特典案内

 

特典1

Eメール、または電話(スカイプもOK)による3ヶ月間無料サポート(回数の制限はありません)。

 

特典2

ギター初心者の方のためのインターネット学習サイト集をお付けします。楽譜やTAB譜の見方からギター録音の仕方まで、基本的なことをとてもわかりやすく解説したものばかりです。

 

 

ダイジェスト版(メルマガ全8回)を無料配信中!

下記フォームでお名前とメールアドレスを登録ください。

 お名前(姓)
 お名前(名)
 メールアドレス